『竹取物語』

1501b.jpg【作品タイトル】
『竹取物語』

【作者名】
作者不明

【作者紹介】
日本最古の物語。元々は口承説話として伝えられたものが、漢文、平仮名と書き改められたと考えられている。制作年は不明だが、十世紀の大和物語・うつほ物語には既に本作への言及が記されていた。平安前期・貞観年間から延喜年間、八百九十年代後半が有力視されている。作者は、貴重な紙を保有し読み書きの出来たことから上流階級に属する男性であり、物語に反体制的な内容が認められることから反藤原氏の係累ではないかと予想されている。

【あらすじ】
むか〜し、むかしの話。働き者の爺が光り輝く竹を伐ると、金銀小判と共に、それはそれは可愛らしい幼子が竹の中から現れた。かぐや姫と名付けられたその娘は、驚く早さですくすく育ち、誰をも魅力する美しい姫に。幾人もの男性の求婚を頓知で切り抜け、困ったことがあれば透明人間になる不思議っ娘・かぐや姫に、果たして翁は理想の夫を見つけだすことが出来るのか。日本で一番長く愛された和風SFファンタジー、今ここに。

【イラストレーター名】
とうもり ゆみ / Yumi Tomori

【イラストレーター紹介】
京都在住のイラストレーター。ちびっ子と自然をこよなく愛す。透明感ある水彩を主に使い、カラフルな作品を多く作る。近時の仕事は、『きらりと輝くおしゃれな年賀状2011』『大人かわいいデジカメ年賀状2011』(インプレスジャパン・刊)など。本が好きすぎて、こんな企画を立ち上げちゃったほど。好きな作家は、伊坂幸太郎・恩田陸・京極夏彦・五條瑛。

【公式HP】
ゆめめ http://www.yumeme.sakura.ne.jp/

posted by COVER at 19:47 | 紹介